子育て・育児・収納・暮らし・自分の成長について|もぐら。の日記 

母もぐら。が日常で興味が出たこと感じたことの育児記録|大阪市城東区・鶴見区を中心に情報発信中

出産の場所を決めるまで

妊娠が分かってどこの病院で出産するか考えました。

 

(ちなみに定期検診は金井産婦人科です)

 

候補は、 

大阪府済生会野江病院 産科病棟

ふなき助産院

医療法人 金井産婦人科

この3件で悩みました。

 

産婦人科か病院にするか?

助産院というところがどんなところか?

 

>野江病院

こちらに直接話を聞きに行くことはありませんでした。

情報として、野江病院で出産された方にお話を聞きました。

 

入院中の病室はカーテンで仕切られた普通の病室だったそうです。

赤ちゃんが泣くと他の方に迷惑だと思って気を使ったとおっしゃってました。

(個室ってあるのかな?)

さらに、ごはんは病院食の普通食で当時はそんなに・・・との事。

入院中、ナースコールした際に他の急病患者さんがいるので後回しにされたことがあるそうです。(急病なら仕方ないと理解できますが、きっとその時の病院側の対応がよくなかったのかなと思います)

病院は普通の患者さんがメインな印象とのことでした。

 

その方の情報はすこし昔の情報なので今は違うかもしれませんが・・・。

初めての出産ということもあり、まずは消去法で消えました。

 

>ふなき助産

助産院は自然に近い出産ができる?知識も全然なかったので説明を聞きに行きました。

電話で説明をお願いすると快く時間をとっていただけました。

直接ふなきへ行くと、出迎えてくれたのはとても優しそうなおばあちゃん(院長先生)が対応してくれました。HPの写真は若い頃の写真だそうです。

 

まず、基本なのかもしれないけれど説明でビックリしたことは

助産院で出産すると決めて申し込んだ時点で

検診等を受けている金井産婦人科病院からは離れるということです。

 

普通の検査はふなき助産院でもできるそうです。

しかし、出産までに詳しい検査が何度かあるのですが、

その際はふなきと提携している検査機関(京橋だったかな)へ行かなければなりません。

 

さらに検査で異常が出ると場合によっては助産院では産めない。

例えば、逆子とか細菌の量とか・・・

なので健康妊婦しか助産院では産めないんですね。

 

入院の部屋はすべて個室だそうです。

見させてもらったのですがほんとアットホームで自分の部屋のような空間でした。

いい意味で、実家か田舎のおばあちゃんの家で出産しにきた感覚かな?

 

総合的には良かった。

自分が思っていたよりは安心して産めそうだと思いました。

 

 

ただ、検査で引っかかったら・・・

と気に病むのもやだなぁと思い今回は見送りました。

2人目とかあれば利用したいと思います。

子どもを連れての入院も可能なようなので預ける方がいない人は助かりますね。

 

>金井産婦人科

月に何度か院内見学をされてます。

こちらに参加したのですが個室メインでとても綺麗でした。

2人部屋も2部屋あります。

やはり出産がメインの施設なのでしっかりとした環境があります。

陣痛から出産まで同じ部屋で過ごせることが魅力のようです。

 

>まとめ

結局は初めての出産ということもありなるべく安心して安全な出産できるが

第一条件だったので金井産婦人科さんで産むことを決めました。

検診からお願いすれば出産まで同じ先生であるということ。

検査を通して出産まで一箇所でできるので、

出産時に全て分かってくれている安心感が決めてでした。